読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY VOICE

主に大好きなアッキーこと中川晃教さんのこと中心。

【ジャージー・ボーイズ】7/30マチソワ観劇メモ

f:id:xamanojacux:20160803215031j:plain

1週間経ってしまって今更だけど、7/30の感想です。

7月30日(土)シアタークリエ【ジャージー・ボーイズ】マチネ(チームWHITE)は20列目、ほぼセンター。ソワレ(チームRED)は4列目、下手寄りセンター。2回目にしてマイ楽。マチネ白組はかなり後方席だったのでオペラグラス多用であまり全体を観れず。逆にソワレ赤組はかなりの前方席センターでオペラ必要なしの良席だった。おまけに一足早く赤組の千秋楽なのでキャストの熱量が凄くて記憶がほとんど上書きされてしまっていて赤組中心の感想になってしまうかも。再演も決まったことだし、一応畳んでおく。




例のごとく、思い出した順に書いていくので順序が前後するかも。

  • まず最初に思ったこと。アッキー、痩せた!初見以来、1ヶ月近く経って、本当に久しぶりに見たアッキーは頬がかなりこけててビックリした。やはり主役のシングルキャストがどれだけ大変かがわかる。体力的にも精神的にも相当キツイだろう。その姿を見ただけで胸が熱くなってしまった。シュッとした印象で精悍でカッコ良かったけどね。

 

  • そんな精悍でカッコ良い見た目なので1幕冒頭のフランキー少年時代は最初に観た時ほど幼く見えなくなってしまってたけど、トミーとじゃれ合うシーンなんかはやっぱり可愛かった。トミーから車借りる時の「貸してくれんの?」って言い方が可愛くて超好き!そんでもって、車のキーを取ろうとするシーンで赤組藤岡トミーとの時なんか、アッキーフランキー、ニャンコになってたもんね。(笑)  

 

  • そしてアッキーの歌。7/2に聴いた時ももちろん良かったけど、マイクや音響のせいか若干の物足りなさを感じたのも事実。でも、この日聴いた歌声は初見の時よりも力強さが格段に増していた。特にフランキー・ヴァリ特有のあの高音部分は初見ではちょっと弱いかな?と感じたんだけど、この日は全然違ってた。伸びやかでしなやか。絶対にマイクや音響が改善されたせいだけじゃないはず!私はアッキーの地声のままでスコーンと突き抜けるような高音が好きなんだけど、地声ではない声(つまり、たぶんあれがトワング?)でも同じようにあのスコーンと突き抜ける感覚を初めて体感して鳥肌が立った。アッキー、トワングを完全に習得したよね!?

  

  • どのシーンだったか忘れたけど、フランキーとトミーがすっごく間近に顔を突き合わせて真剣に言い合う場面。ホントに顔がキスするんじゃないかってくらい近くて、白組中河内トミーの時のアッキーは必死で笑いこらえてたんだよね。てか、顔は完全に笑ってた。赤組藤岡トミーの時は全然平気だったのに。なんでだろ?ガウチ変顔でもしてたんかな?(笑)

 

  • フランキーが詐欺にあってトミーが解決してやるって言いながら実はマフィアのボス、ジップに頼んでたってシーン。フランキーが「やっぱりジップに電話したんじゃないか!」とかって言う言い方がすっごい低い声でドス効かせてて面白かった。初見の時はそんな言い方じゃなかったよね?その前の車の中で騙されるシーンもアッキーフランキーのオタオタっぷりが可愛いんだよねー。

 

  • トミーが見つけてきた新しいメンバー、大音くん演じるハンクとの4人のお猿さんダンスが大好き!この時のアッキーのダンスがさ、お尻フリフリとか超可愛いんだもん!このダンスに限らず、ダンスシーンでのアッキーの動きがキレッキレで誰よりも激しく踊ってるんだよねー!そりゃ痩せるはずだよ。

 

  • ぴろしボブが階段駆け上がってコケるシーン、初見ではてっきりガチだと思ってたんだけど演出だった。ぴろしコケるの上手すぎ!(笑)ぴろしボブの歌もかなり進化してたけど、やっぱり歌の上手さでは海宝ボブに軍配だな。(いや、別に競ってないけど)海宝ボブの声量の豊かさには驚く。完璧!ボブの台詞で「僕は表に出るタイプじゃない」みたいな台詞があるけど、海宝ボブが言うと「嘘つけ〜!」って思っちゃう。ぴろしボブが言うと「だよね〜」ってなる。(笑)

 

  • ボブの童○卒業*1シーンの前のぴろしボブのいたぶられっぷりが凄かった。吉原ニックがぴろしボブのサスペンダー引っ張ってバチン!ってやってて、ぴろしホントに痛そうだった。(笑)ぴろしの末っ子感ハンパない!

 

  • フォーシーズンズの絶頂期、綿引さん演じるフランキーの妻、メアリーが愛おしそうにテレビモニターに映るフランキーの姿に手を伸ばしてるシーンが切ない。フランキーが浮気してたことも気付いてただろうし、寂しかったんだよね。でも、やっぱり酒に溺れちゃダメだよ。

 

  • かなりすっ飛ばすけど、2幕で小此木まりちゃん演じる恋人ロレインにトミーのことで怒りをぶち撒けるシーン。楽しみにしてた(ヲイ!)フランキーのランニングシャツ姿、胸板が前より薄くなってた。。(涙)当たり前だけど顔だけじゃなく身体も痩せてたー!こんなわずかな時間で目に見えて痩せるなんて、どんだけ過酷なんだ!?

 

  • 恋人役のまりちゃん、背がちっちゃいからアッキーとのバランスちょうどいいよね。キスシーンでアッキーが下向く感じって割と珍しいと思うの。大抵は目線同じか下手すりゃアッキーより背が高いこと多いから。(笑)まりちゃんとだとリードしてる感出ててステキ♡

 

  • トミーの借金発覚でジップのもとに集合のシーン。トミーの「知らない間に(借金が)増えてて」とかって台詞の印象が赤と白で全然違う。中河内トミーが言うと「うんうん、そうだよね。グループの為に頑張ったんだもんね」って同情しちゃうけど、藤岡トミーは同情の余地なし。「自業自得だろうが!」ってなる。(笑)

 

  • 結局、フランキーはトミーの借金をグループで肩代わりすると決断。感情レベルではトミーのこと嫌いだけど、自分を見つけてここまで押し上げてくれた恩義は忘れない。それだけの価値はあるって言い切るフランキー。それがジャージー魂?やっぱ任侠の世界だわ。この時のアッキー、カッコ良かった!本当のジャージーっ子に見えたよ。

 

  • ニック爆発の後、グループを抜けると言い出す。そのきっかけはボブの「誰も巻き込みたくない。僕とフランキー以外は・・・」とかって言葉。このシーンも切ないんだよね。思わずこっちまで「オイオイ、ボブ。そりゃないだろ!」って思っちゃう。白組福井ニックは怒りの表情が覗く。対して吉原ニックは淋しげな表情。二人のニックは役者本人の素のキャラから受ける印象とは真逆だなっていうのは今回見ても変わらなかった。フランキーはグループというファミリーを大切に思っての決断だったけど、ニックは本当の家族(ファミリー)を選んだ。それもやっぱりジャージーっ子。

 

  • ボブがフランキーにソロ活動を勧めるシーン。フランキーの「それ、どうやってるの?」ってボブに言う台詞が凄く好き!アッキーの言い方がなんか知らんけど萌えポイント。(笑)この場面、海宝ボブは自信満々に、ぴろしボブはちょっと控え目にだけど、どちらのボブからも「フランキーの為なら出来る!」っていう気持ちが伝わってくる。フランキーが不思議と納得させられちゃうのもわかる!そして、握手でジャージー式の契約。うーん、感動!

 

  • そして、一番の盛り上がりは『君の瞳に恋してる』歌唱シーン。静かなイントロから徐々に盛り上がり、トランペットやサックスなどのフォーンセクションが加わる時の高揚感が堪らない!アンサンブルの皆さんの演奏しながらの*2パフォーマンスが超カッコいいし、それをバックに歌うアッキーはもうフランキー・ヴァリそのもの。そして最後はアッキーフランキーの熱唱。客席からはショーストップ寸前の拍手と歓声。もう、鳥肌モノ!この瞬間「ああ、私達も観客というキャストの一人なんだ!」って実感!

 

  • 順番は前後するけど『君の瞳に恋してる』の直前でゴーディオとクルー、二人のボブが3階部分からフランキーを嬉しそうに見下ろしてるんだよね。初見ではアッキーばっかり見てたから気が付かなかった。ソワレ白組では前方席だったから表情がよく見えて、ぴろしボブは目が真っ赤だった。涙を拭いながらハケて行ったのは演出だろうけど、ホントに泣いてたんじゃないかな?

 

  • フランキーの「いつかは終わる。悪いことも、そして良いこともね」からの娘の死の知らせ。遺品のボーダーマフラーを抱きしめるフランキー。泣ける!戸井神父様が「君のせいじゃない」と慰める。「じゃあ誰の?」フランキーの言葉が胸を締め付ける。それには答えてくれない神父様。(涙)戸井神父様、金貸しの時とは真逆の癒しの存在。

 

  • フランキーが歌う後ろの階段に娘のフランシーヌが見守るように佇んでる。まりゑちゃんフランシーヌが優しく微笑んでるのを見たら泣けてきた。もうパパを許してるんだよね?本当はパパのこと大好きだったんだよね?そして、フランシーヌは階段を登り去っていく。この場面の演出、秀逸だよね。天国への階段。。このシーンも含め、3階構造や階段のセットを本当に上手く使ってるよねー!

 

  • 最後の殿堂入りのシーン。3階楽屋セットでトミーがフランキーに娘の死を気遣う言葉をかける。二人の会話にホッと和んだ。「今は息子が3人、、、」とかって答えるフランキーの「今度は失敗したくないんだ」って言葉にグッと来る。老けメイクからの若返りは慣れたせいもあるのか、そんなに違和感感じなかった。フランキーが白髪のウィッグ外すタイミングが初見と違って最後になってた。前はもっと早い段階で外してたよね?

 

  • そして、フィナーレへ。初見の時は記憶違いしてたのに気付く。フィナーレからすぐにカテコで、その後あのメドレーのライブ状態へと雪崩れ込む。今回も一緒に踊って歌って盛り上がったー!

   

まだまだカテコのこととか楽曲についてとか、書きたいことはいっぱいあるんだけど、とりあえず本編部分のみで終わりにしときます。時間があったら、また書くかも。

以上、おしまい。


初見の感想。↓
xamanojacux.hatenablog.com

*1:別に伏せ字にする必要もないんだけどチェリーボーイのことね。(笑)

*2:もちろん実際にはエアーだけど。だよね?