読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY VOICE

主に大好きなアッキーこと中川晃教さんのこと中心。

【フランケンシュタイン】1/14・15観劇メモ①

先週の土日にやっと【フランケンシュタイン】観てきた。あ、どうもお久しぶりです。てか、明けましておめでとうございます。遅い!いろいろと諸事情がございましてブログどころではない状況だったので長らく放置してしまっていましたが、待望のフランケン始まったので感想だけでもと思い久々の更新です。

f:id:xamanojacux:20170116161118j:plain

f:id:xamanojacux:20170116161235j:plain

久々の日生劇場。【TOMMY】以来かしら。前に来た時は階段に敷かれたレッドカーペットにヒールが引っかかって足を取られて歩きづらかったなというどうでもいいことを思い出した。今回はぺたんこスニーカーだったから大丈夫だったけど。韓国式のキャスティングボードは14日の分を撮り忘れてしまった。


14日マチネ、B列下手。15日マチネ、N列センター。
アンリ&怪物役の小西遼生くん、加藤和樹くんバージョン、それぞれ初見。両日ともビクター&ジャックはもちろん中川晃教


初見なので大したネタバレはしてないと思うけど、一応畳んでおきます。気付いたらけっこうネタバレしてます。ご注意を。





最初に言っておくと、この作品にアッキー出演が決まってからというもの韓国版の動画やレポをとにかく見まくりすぎて、私の中では完全に韓国版が刷り込まれてしまっていたわけ。別に韓国版を生で観たわけでもないし細かい部分は知らないことの方が多いのだけど、それでもかなり韓国版贔屓になっていたので、いろいろとガッカリするところが多かった。ゆえに毒気が多めかも、です。。そして、韓国版の動画など見てなくて全く知らない方にはさっぱりわからないと思いますがごめんなさい。

なにしろ初見で物語のすべてをまだ把握しきれてないので、とにかく気づいた点、感じたことを思い出すままに箇条書き。

一幕

  • 開演。生オケの演奏でテンションが高まる。この高揚感がたまらない。今まで舞台上にバンドが入る作品(JBやMBなど)は多かったけど、オケピがあるミュージカルは久しぶりだ。これぞグランドミュージカル!

 

  • 噂には聞いていたけど、セットがショボかった。いや、韓国版のセットが凄すぎるんだけどね。にしても、そんなにお金無かったん?って思ってしまった。同じに再現しろとは言わないが、せめて実験室のあの装置?だけはあの形で作ってほしかったなぁ。でもまあ、韓国版知らなかったら別に普通に受け入れられたのかも。改めて韓国のエンタメに対する力の入れようを思い知らされる。

 

  • 韓国版では映像も多様していたようだけど、日本版では映像は一切なし(だったと思う)。物語が複雑で難解だから、映像で説明する部分があっても良かったんじゃないかな?それに、セットのショボさも少しは補えたのでは??

 

  • ビクターの衣装がどれも素敵だった。ワーテルローの場面で着てるゴージャスな軍服はちょっと着せられてる感あるけど(笑)それ以外はどれも似合っててカッコ良かったなー。特にロングコートの裾をバッサ〜って翻すのが超カッコイイ〜!

 

  • リトルビクターが母親の死体を引きずるシーンがなかった。動画で見た時、なかなか衝撃的だと思って日本版はどうするのか気になってたんだけど。。このシーンに限らず残酷シーンは削られてたり、韓国版に比べてソフトになってる気がした。日本ではクレーム来たりすること多いのかな?私は全然平気なんだけどな。むしろ大歓迎なのでちょっと残念。日本はそういうの過敏になりすぎてる気がするなー。

 

  • リトルビクターが抱いてる犬の死体が可愛いヌイグルミに血糊つけただけって感じでリアル感なさすぎ。もう少し本物っぽく作れなかったんかな?もしかして子役への配慮?あんまりリアルだと子役が怖がって可哀想だからとか?母親の死体の件もそう?

 

  • 酒場のシーン。今回はアンサンブルさん達以外はあまり踊らないんだけど、唯一ビクターとアンリのダンスが見れるのがこのシーン。アッキービクターのキレのいいダンスが見れます。アンリはあまり踊ってなかった気がするけどアッキーばかり見てたから気付いてないだけかも。すんません。

 

  • アンリが罪を被って投獄されビクターと対峙するシーン。牢獄のはずなのに牢屋の鉄格子がない。ビクターが牢屋の中に入った設定?鉄格子がない分、二人がしっかりハグする場面があるからまあいっか。

 

  • 怪物が窓から飛び降りて逃走する場面。韓国版は舞台正面の大きな窓からジャンプだったけど、日本版は舞台下手の縦長の窓からで、イマイチ迫力に欠けた。でも、怪物のジャンプする姿が横から見れてあれはあれでカッコイイかな。

 

  • ビクターの歌『偉大なる生命創造~』、やっぱりアッキーの歌は凄かった。製作発表の時にかっきーと一緒に歌ったり、サントリーホールでも歌ったのを聴いてはいるけど、やはり役に入った時のアッキーの歌の破壊力は本当に凄い。実験室をあちこち移動して装置のレバーを一つずつ入れながら歌う。あんなに動き回りながらよくあの難しい歌が歌えるな。しかもまったくブレない。最後、ロングトーンでどんどん音上げていくところは鳥肌もの!(15日はやや抑え気味ではあったが。)この歌聴けただけでも元取れた気がするわ。あー、早くまた聴きたい!

 

  • ただね、韓国版のセットであの歌を歌うアッキーが見たかった。一番最後のあの大きなレバーを両手でグァーーーって開きながら歌うやつ。あれが見たかったよ~!日本版の最後のレバーは他のレバーと同じで上にガチャンって上げるやつ(一応少し大きめ?)だから、最後の歌い上げは“両手でレバー”の場面は当然ない。セット見渡した限りあの両レバー見当たらないからわかってはいたんだけど、やっぱりかなりガッカリしちゃった。観る前からあの場面をアッキーで妄想しすぎた。。でも、あの歌聴けたからいいや。

 

二幕

  • なんと言ってもアッキージャックがくそカワイイ。悪くてサイテーな奴なんだけどカワイイ!柿ジャックは相当エロくて下衆でぶっ飛んでるらしいんだけど、アッキーはそうでもなくて、ただただカワイイ。(何回カワイイ言うか?!)でも、エロ下衆いアッキージャックも見てみたい気はする。

 

  • ジャックが歌いながら踊る時、15日は衣装のジャケットの両裾をまくって腰の前で結んで踊ってたの。あんまりカッコ良くないのにどうしてそんなことするの?って思ったんだけど、客席にお尻向けてフリフリする時にプリケツが良く見えるようになのか?そうなのか?14日はやってなかった。この日だけだったのかな?他の日はどうだったんだろう?次に見る時にチェックしよ。

 

  • エヴァがカトリーヌを痛めつけてるのをイゴールと並んでおっかなそうに見てるジャックが可愛かった。イゴールと一緒にハケる時、イゴールに「乗れっ」って言って二人でステッキにまたがってハケていくのも可愛かった。結局ジャックはいつも可愛かった。

 

  • 闘技場での格闘シーンのアクションがイマイチ迫力が足りない。これは酒場での喧嘩の場面でも思ったけど、パンチ当たってないの丸わかりすぎてあんまりカッコ良く見えないんだよね。殴る時の効果音とか入れればいいのに。アクションに関してはついつい新感線のクオリティーを求めてしまう。

 

  • 怪物とカトリーヌの和みシーン。唯一、怪物の笑顔が見られる場面。「クマ美味しい」がカワイイ。この後の裏切りの展開を思うと切なくなる。

 

  • 二幕は闘技場以降の展開が怒涛すぎて細かいこと覚えてないのでかなり飛びます。姉エレンの処刑シーン。絞首刑は人形使って割とリアルな演出。その人形使ってリトルビクターが母親の死体引きずるシーンできるのにって思ってしまった。ちなみにアンリはギロチンだったけど、処刑方法が違うのはなんでだろう?

 

  • 殺されたジュリアが横たわるベッドが小さすぎる。韓国版は大きくてゴージャスなベッドだったけど日本版は怪物の鉄のベッドを再利用なのでめっちゃ狭くてジュリア窮屈そう。ビクターがジュリアの亡骸にすがって泣くシーンも韓国版の方がより悲壮感があって良かったのに。

 

  • 怪物と少年のシーン。ここは韓国版と大きく違う問題の場面。韓国版では怪物が少年を殺してしまうらしい。日本版は殺さない。やはり衝撃的すぎるからかしら?これによって解釈が大きく変わってくるとは思うけど、実際に韓国版を見た訳じゃないし日本版もまだ2回しか見てないので、今の時点ではどっちがいいとは言えない。

 

  • ラスト北極シーン。ビクターが怪物に足刺されての悲鳴がサイレンみたいな超音波。アッキー初めての人はビックリするだろうな。確か前にもこういう悲鳴あった気がするけど何だったか思い出せない。モーツァルトだったかな?(ロックオペラの方)人間が発する声とは思えない。でも、あんまり痛そうには聞こえないから個人的には普通の悲鳴の方がいいと思う。

 

  • このラストも韓国版とはかなり違うらしい。さすがにラストシーンの動画はほとんど上がってなくて私も詳しくは知らないんだけど、たぶん日本版はほぼ心中に近いってとこかな?

 

  • とりあえず最後まで書いたけど、本編については韓国版との違いが気になりすぎて物語に集中できなかった。なので、まだ全然整理できていない。次からは日本版は韓国版とは別物と割り切って、もっと楽しみたい。

 

  • 本編よりもカテコで最後に全キャストに呼び込まれてアッキーが登場した時が一番感動してしまった。あぁ、このお話はビクターが主役なんだ。それがアッキーなんだって。堂々としたその姿を見て、ファンとしてとても誇らしい気持ちになってウルウルしてしまった。しかも、日生劇場という由緒ある大劇場で。次は帝劇で見たい。。

 

  • カテコは3回くらいだったかな?最後にビクターと怪物の二人でお辞儀からのハグだったと思ったが、あんまり記憶にない。本編が重すぎる内容なので、カテコでの仲良しっぷりがもっと見たいな。


本編に関しては以上。キャスト別の感想はまた別で書きます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

xamanojacux.hatenablog.com