読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY VOICE

主に大好きなアッキーこと中川晃教さんのこと中心。

【フランケンシュタイン】1/27・28観劇メモ

大阪も福岡も終ってしまったけど、今更の東京アッキー前楽&楽の覚え書き。

初見から2週間ぶりのフランケン。前回はどうしても韓国版との違いばかりが気になってしまったけど、今回はそんなことも忘れて、どっぷりと日本版フランケンの世界に入り込むことができた。なぜなら、とにかくキャストの皆さんの熱量が凄かったから。韓国版と比べてる暇などなかったっす。

忙しくてなかなか時間が取れず、今頃になってしまった上に大阪公演も観た後で記憶がごっちゃになってるので全体の感想は後回しにします。今回、初見の時の自分の記憶違いがたくさんあることに気付いたので、まずはその記憶の修正作業中心。あとは日替わりネタとかカテコの様子など、自分用メモとして残します。

27日マチネ、C列上手端っこ。→あきこにバージョン。
28日ソワレ、GC階C列下手。→あきかずバージョン。

f:id:xamanojacux:20170209220422j:plain

f:id:xamanojacux:20170209220600j:plain



本編

  • 最初にも書いたようにキャストの熱量が本当に凄かった!特に小西くん。前回「ちょっと弱い」なんて書いてしまって、内心は和樹くんの方が断然好きだ!と思ってたんだけど、今回は歌もお芝居も凄く力強くなっててビックリ!もう、和樹マン&こにたん、どっちも好きだ~!ってなった。

  

  • 相変わらず坊っちゃん大好きルンゲが可愛い。ルンゲの昼食メニュー。27日はミックスピザ、28日はハヤシライス、でした。

 

  • ステファン邸での晩餐会。♪平和の時代♪前は浮いてると感じた相島ステファンの歌は慣れてきたせいか気にならなかった。この後のビクター登場の場面で、城の鍵の持ち方が前回は輪っかのとこ持ってぶら下げてたのが、今回は鍵の束を握りしめてた。どうでもいいことかも知れんが気になったので書いとく。

  

  • 前回すっかり記憶から抜け落ちていたが、ベッドにビクター母のミイラ化死体ちゃんとあった。それなら尚更、リトルビクターが母親の死体引きずるシーンできたじゃん!って、クドい。。あ、28日にリトルジュリアが初めて齋藤さくらちゃんだった。こちらも上手!もう一人のリトルビクター、石橋陽彩くんは(この時点では)いまだに未見。

 

  • 前回、散々セットがショボいとケチつけたけど、今回は見慣れたせいもあってかほとんど気にならなかった。それどころか、とても美しく見えた。セットを回転させたり階段の位置を変えたりと、言葉は悪いけど少ないセットを上手く使い回して活用してたよね。額縁のようなセットは時に墓標のように見えた場面があってハッとした。ただ、お城が燃えてリトルビクターを助けて父が死ぬって場面は何度見ても判り辛かったわ。

 

  • 酒場のシーン。前回アッキービクターのキレのいいダンスが見れると書いたけど、言うほど踊ってなかったね。でも、短いながらもアッキーの動きはやはりキレキレだった。やっぱりアンリの方はどっちもほとんど踊ってないよね。ここ、もう少しダンスシーンあればいいのに。

  

  • ルンゲへのご褒美キス。27日はかなり濃厚だった気がした。この日は小西アンリもキスしてたような。ルンゲとろけてた。(笑)28日は高速キス。和樹アンリめっちゃ顔近づけるもキスはなしで「イイ奴だ」だったと思う。この辺、大阪と記憶混同してるかも。

  

  • 牢獄でのシーン。前回牢屋の鉄格子がないと書いたけど、よく見たら端っこの方に少しだけ鉄格子の名残りのようなものがあった。ここはねー、なんと言ってもビクターとアンリの抱擁シーンがキュンキュンしちゃうのよねー。和樹アンリはそっと包み込むように、小西アンリはガシッと受け止める感じで、、どっちもそのサイズ感が堪らんのよ。アッキービクターどう見ても女子なんだもん。萌え!

 

  • 処刑場のシーン。♪君の夢の中で♪がどっちのアンリも凄~く良かった!特に和樹アンリは処刑台の一番上で泣きながら歌ってて、この日が二人の東京楽というのもあったかもしれないんだけど、それがもう号泣に近くて、、和樹くん自身もブログで書いてたけど感情を抑え切れなかったみたい。前回、クールな印象だった小西アンリもこの場面はかなり感情乗せて歌ってて、声がちょっと心配だったけどなんとか大丈夫だった。最後はシャウト気味に終って「おぉっ」てなった。

 

  • アンリ処刑後、舞台上手で布に包んだアンリの首を持つビクター。前回観た時は胸に抱えるように持ってたと思うんだが今回はぶら下げるように持ってた。この違いに何か意図はあるのかな?

  

  • ♪偉大な生命創造の歴史が始まる♪アッキーの歌が凄まじかった。両日ともショーストップ寸前。つか、毎回そうだったみたい。1回くらいホントにストップしちゃってもいんじゃね?あ、実験装置のレバーはただの棒状のだけかと思ってたけど2種類あった。もう1つは何ていうか、ブレーカー的な?

  

  • ちょっと気になったのは歌の一部「さあ、立ち上がり~♪」の部分のメロディー変えて歌ってたんだけど、なんでかな?いつものに耳が慣れてしまっていたからちょっと違和感感じてしまった。

  

  • アッキージャック。相変わらず可愛かったよ~。手下の男達への無茶振りは前回もやってたっけ?ぜんぜん覚えてない。今回は27日が「ワン、ツー、スリー、、」って英語で数字カウントしてて、手下達がリピしようとするんだけどアッキージャックはおかまいなしに「~ナイン、テン」って10まで数えちゃって手下達オロオロ。28日は「まーめーみーもーむー」とかって発声練習?なぜ「ま」行??必死で着いてく手下達がかわいい。(笑)

 

  • ジャックの歌の時はかなり自由でアッキー節入ってて好き。ジャケットの裾を前で結ぶのは定例になったのね。お尻フリフリはゴルフのスイングだった。

  

  • 怪物思春期問題の時のアッキージャックの体育座りがカワイイ。「それがさ~、最近こいつ思春期みたいなんだよ」の後、27日→「こう窓に向かってさ、窓なんて無いんだよ。ある体(てい)でね。窓見つめてさ、、」とかって言ってるうちにエヴァに思いっきり叩かれる。28日→「窓無いのにさ、あるんだろうね、、」早々にエヴァに叩かれる。で「約立たずなんだから」云々言われて「はい、すんません」あー、カワイイ。台詞は正確ではありません。しかも妄想入ってるかも。(笑)

 

  • 怪物とカトリーヌのシーン。前回、怪物に関しては和樹マンとこにたんの違いがあまりわからなかったけど、今回はなんとなくだけど違いがわかった。和樹マンの怪物は幼いよね。こにたんの怪物はカトリーヌを女性として意識してる向きがあるけど、和樹マンにはそれを感じない。ただじゃれ合ってるのが楽しいって感じ。こにたんは常に顔を極端に歪めて異形を表現してるの凄いと思った。「クマ、オイシイ」はどっちも可愛い。

 

  • カトリーヌの歌、♪生きるということは♪がすごく好き。音月さん、ジュリアの歌は高音出てなくてキツそうだったけど、カトリーヌのこの歌は気迫で乗り切った感じだった。喉が心配。

 

  • カトリーヌ裏切りの後「そんな目で見ないで!」って言われた怪物二人の表情の違いを見たかったんだけど、27日は席が前すぎて這いつくばってる怪物(こにたん)の表情が前の人の頭に隠れて全然見えんかった。日生の前方席傾斜なさすぎ!(ただの愚痴)和樹マン怪物は疑いもせず無邪気にカトリーヌに手を伸ばしてたなぁ。

 

  • エヴァがカトリーヌを痛めつけてるのをイゴールと並んで見てるジャック、帽子で顔隠しながら覗いてるのが可愛かった。ハケる時のイゴールとのお馬さんごっこは健在。にしても、イゴールの衣装と仕草が無駄にカワイイ。

  

  • 姉エレンを生き返らせようとする懲りないビクター。実験装置が壊される前と後の変化が乏しくて判り辛い。前回、ビクターが「壊されてる!」って言うまで気付かんかったんだけど、今回も「言われて見れば・・・」って感じで認識するのに時間かかる。セットのショボさゆえか?仕方なし。

 

  • いきなり北極ラストに飛びます。例のアッキービクターのサイレン超音波はナイフで刺された後じゃなく、銃で怪物を撃ってしまった後だった。大きな勘違い。てか、今回はあんまりサイレンじゃなかった。呻きにも似た慟哭の叫び。

 

  • 最後の♪俺はフランケンシュタイン♪は鬼気迫るものがあった。どなたかが“勝利宣言”と書いていらしたが、確かにそうかも。

27日カテコ

  • さすがに前回よりも1回多かった。最後のアッキービクターとこにたん怪物。アッキーが客席に投げキッス連発して最後にこにたんに向かっても投げキッス。こにたん、スッと体をよけてアッキーのキスをスルー。アッキーが「えー、そりゃないよ~」みたいな感じでこにたんに駆け寄る。こにたん、そんなアッキーをヒョイっと抱え上げてそのまま運んでった。アッキーも抱えられたままお手振りして二人でハケてった。「怪物、ビクターをお持ち帰り」の図でした。かわええ~~~!!!これも、あの身長差のなせるワザですわよね。(笑)

 

  • 東京はあきこにラストだから、なんか挨拶あるかな~?と期待したけど何もなかった。ちょっと残念。

28日カテコ

  • あきかずラストなので二人から挨拶。まずはアッキー。「2017年最初の作品がこの大作ミュージカルで、、素晴らしい音楽と豪華なキャスト!」とか言いかけて客席から笑いが起きる。アッキー「ん?」ってなって「自分達で言うなってことですね」とかって。そこが可笑しくて、その後何言ったか忘れちゃった。まだ明日のかきこに千秋楽があるので割と短めにまとめてたと思った。

 

  • 次にアッキー「和樹マン、何か一言」とかって振る。和樹くん「誰が呼んだか、和樹マン」とまずは笑いを取る。正直ここしか覚えてないわ。あとは「まだ大阪・福岡・名古屋とありますのでよろしかったら足をお運びください」みたいな感じだったと思う。

 

  • 最後、あきかずのビクター&怪物はアッキーがなぜか「センキュー!センキュー!」と連呼。和樹マンも低い声でクールに「センキュー!」言ってくれてた。

 

思った以上に記憶飛んでて、この程度しか覚えてなくて我ながら情けない。とほほ。。
以上、おしまい。


記憶間違いだらけの初見のメモはこちら。↓
xamanojacux.hatenablog.com
xamanojacux.hatenablog.com