読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY VOICE

主に大好きなアッキーこと中川晃教さんのこと中心。

【フランケンシュタイン】大阪2/3・4観劇メモ

名古屋での大千秋楽もとっくの昔に終わってしまい、1か月近く経ってしまっているけど、、今更の大阪編です。( ̄▽ ̄;)

大阪公演アッキーの回は全て平日という嫌がらせのような日程。前の週も日生で休暇取ってるし、さすがに2週続けて、しかも2連休なんて無理!泣く泣く諦め、金曜日だけの休暇で遠征しました。当初は予定に無かった翌日のかきこにバージョンも観ることにしてお泊り。

f:id:xamanojacux:20170212141402j:plain

f:id:xamanojacux:20170212141151j:plain

f:id:xamanojacux:20170212141232j:plain

f:id:xamanojacux:20170212141716j:plain


3日マチネ、2列下手端っこ。→あきかずバージョン。
3日ソワレ、15列センター。→スペシャルバージョン、あきこに&柿ジャック。
4日マチネ、3階7列下手。→かきこにバージョン。


3日にこの作品で初めてマチソワしたんだけど、いやー、キツかった!内容が内容なだけに1回でも疲れるのにマチソワはまぢでキツイ。。ソワレはところどころ意識飛んでましたわ。(汗)

スペシャルの柿ジャック含め、柿フルバージョンもやっと観たのでアッキーとの比較を書きたかったけど、何しろ柿バージョン1回しか観てないし一番お安い3階席で遠かったので、細かい所は結局あまり比べられないなと自覚した次第です。

例のごとく思い出すままに並べます。

ネタバレはもちろんですが、今回は下ネタもあるのでご注意ください。



一幕

実験室
  • ビクターが怪物を鉄ベッドに寝かせる時、アッキービクターは怪物の頭に手を添えて頭ぶつけないようにそ~っと大事そうに寝かせるのに対し、柿ビクターは割と雑っていうか、ドサッて感じで寝かせるのね。それがいつもだったのかどうかはわかりませんが。

 

ワーテルロー
  • ビクターのゴージャス軍服お衣装はかっきーの方が似合ってた。でも、実年齢のせいもあるんだろうけど、とにかく柿ビクターは若くて、どのシーンも反抗期の高校生みたいな印象。大尉とか博士って肩書がピンと来ない。まあ、そこはアッキーにもちょっと言えるかな?(笑)

 

研究室
  • ルンゲ食堂のメニューは3日マチネはサンマのソテー、ソワレはミートローフ。4日はスペアリブでした。

 

  • ルンゲの「質問ですか?命令ですか?」の時、アッキービクターは基本いつもルンゲに対し無言で睨む→ルンゲ「命令ですよねー」だけど、この日の柿ビクターは「どつかれたいんですか?どうなんですか?!」→ルンゲ「愛されたいんです!」だった。ここは日によって違うらしい。

 

ステファン邸
  • アッキービクターは「俺に近寄るな」オーラ出してる人嫌いタイプ。柿ビクターはわがままで生意気な坊っちゃんって感じ。

 

  • アッキービクターの鍵の持ち方はぶら下げて持つに戻ってた。そして、その鍵をポンと上に放り投げてシュパッってキャッチするのがカッコ良かったー。

 

エレン回想シーン
  • リトルビクター、3日ソワレと4日にやっと石橋陽彩くん見れた。いや〜、彼も上手い!台詞を話す声も歌声も大人っぽくてやけに艶っぽい。*1声が難波くんよりも低いのでアッキーとの相性は難波くんの方がしっくり来るかなぁ?とは思ったけど、ずっと難波くんでしか見てこなったからそう感じるだけかも。とにかく子役さんは全員、歌も演技も素晴らしかった!

 

酒場
  • ルンゲの葬儀屋情報の時のアッキービクター、台詞忘れたっぽい。「なんで今まで墓ばかり掘ってたんだ?!」って台詞を2回言っちゃってた。でも、後でちゃんと思い出して補足してた。(笑)

 

  • 柿ビクターはオケピにゲロ吐いてた。っていう所くらいしかアッキーとの違いが思い出せない。ルンゲへのキスは3日マチネは長め、ソワレは連続5回くらい?4日の柿ビクは両方のほっぺから最後は唇に連続キスだったかな?アンリのリアクションは忘れちった。

 

アンリ処刑後
  • 柿ビクターはアンリの首を胸に抱くように持ってた。アッキーはやはり前回同様ぶら下げた状態。アッキーが持ち方変えたのは違いを出したかったからかな〜?と思ってみたり。

 

♪偉大な生命創造の歴史が始まる♪
  • 前に気になった「さあ、立ち上がり〜♪」の部分のメロディー、アッキーは元のに戻してた。耳慣れてるせいか、やっぱりこっちの方が好きだ。柿ビクはその部分のメロディーはやっぱり変えて歌ってた。なんでだろう?謎だ。

 

  • アッキーの歌は3日ソワレは最後のロングトーンはさすがにキツそうだった。マチソワ連チャンであの歌はそりゃキツイよね。ただし、アッキー基準なので、知らない人が聴いたら充分な迫力だったと思います。

 

  • 実験装置のレバーの入れ方、柿ビクは一つ一つ割とゆっくりと力込めて入れてて雰囲気出てた。うん、こっちの方が好きだな。アッキーは勢いよくスパン!スパン!って感じで動きが早いんだよね。でもアッキーも3日のマチネは奥の棒状レバーを上げる時には歌の盛り上がるパートに合わせて、ゆっくり力込めて上げながら歌ってて凄くカッコ良かった。ソワレもそれ期待してたらレバーの位置が最初から上向いてた。あれ?大道具さん、戻しといてくださーい!てゆうか、前の回終わった状態のまま基本戻さないのかな?

二幕

結婚式〜居室
  • ジュリアとのデュエット♪あなたなしでは♪の後、雷鳴の音に驚くビクター。柿ビクターの方が動きが大きくて明らかに怯えていて、アッキービクターは必死で平静を装ってるように見える。ここに限らず、ビクターに関してはかっきーの方が演技が細かくてわかりやすいね。

 

闘技場
  • アッキージャックのセット上段への移動は階段。柿ジャックは梯子だった。回り舞台で動いてるにも関わらずピョンッと階段に飛び乗ってシュタタタタッて登ってく軽やかな身のこなしのアッキージャックが大好き!

 

  • 3日マチネのアッキージャック、手下達への無茶振りは「A、B、C、、、」ってアルファベットを羅列でした。そして、体育座りの怪物思春期問題は前回と同じく窓がある体(てい)で話が進み「窓の向こうの雲見つめてさ、あぁ、あの雲は、、」とかっていつもより長め。もちろんエヴァに思いっきり叩かれておしまい。

 
※ここから柿ジャック関連の下ネタ含みますよ。ご注意なされよ。
 

  • さて、問題の柿ジャック。確かに噂通りの下衆野郎だった。(笑)ステッキをお股に挟んで腰動かしたりと、けっこう直接的な性的表現。そして、怪物に対する性的虐待とも言えるあの行為。終わった後は「う〜ん、ご達者!」とかって。あー、下衆い!あれでも最初の頃よりはソフトになったらしいけど、、どんだけエロかったんだ?

 

  • しかし、柿ジャックのあの行為はとってもリスキーだと思うの。だって相手は熊も倒しちゃうような怪物だよ?危なくない??後ろから攻める方がまだ安全だと思うんだけどなー。(こら!ww)敢えてスリルを楽しんでいるのかしら?だとしたら相当なチャレンジャー(変態)だな。。怪物さん、食いちぎっておしまいなさい。と思ってしまったことは内緒だ。

 

  • 下ネタはこの辺にして、、柿ジャックはエロだけじゃなく遊びもいっぱい入れくるのね。相島フェルナンドとの絡みでいきなり某俳優さん*2のモノマネぶっ込んできたり。フェルナンドに「誰の真似だ?」とか訊かれて「大人の事情で言えない」とかって。(笑)大阪なので関西弁で何か言ってたけど内容は忘れちゃった。フェルナンドに「なんで関西弁なんだ?」って突っ込まれて3日ソワレは答えられず黙っちゃってた。4日はどういう流れだったか忘れたけど「大阪ってなんですか〜?」って開き直ってた。なんだかグダグダになって、エヴァも笑っちゃて「お前ら長いよ!」って突っ込まれてた。

 

  • ビクターの実験日誌を読み上げるシーンはキュー◯ー3分クッキングだった。いや、さすがにこれはやり過ぎというか、悪趣味だなと。。柿ジャックはギャグやアドリブが多くて楽しいんだけど、長すぎてクドく感じるし、作品の世界観が損なわれてしまう気がするんだよねぇ。。

 

地下牢獄~小屋の前
  • 怪物とカトリーヌの和みシーン。ここはどっちの怪物バージョンも好きだけど、特にこにたん怪物とのコチョコチョくすぐりっこがバカップルみたいで可愛い。

 

  • 音月さんは前回観た時、特にジュリアの歌の時の高音が出てなくて心配したけど大阪では声がだいぶ戻ってきてた。カトリーヌの♪生きるということ♪はやはり今回も胸に迫った。

 

  • カトリーヌ裏切り後。「そんな目で見ないで」の後の怪物の表情見比べにリベンジしようとしたけど、3日マチネは席が端っこ過ぎて和樹マン怪物の顔は全く見えず。ソワレ、こにたん怪物はカトリーヌを悲しそうに見つめ最後は諦めの表情に変わってた気がする。

 
この後、ラストまでの怒涛の展開は物語に入り込み過ぎて、どの回も細かいとこはあまり覚えてないので割愛します。(ヲイ!)そんなわけで、いきなりラストに飛びます。↓
 

北極
  • ラストの♪俺はフランケンシュタイン♪柿ビクターの歌、迫力があって凄く良かった。最後のシャウトは幕が降りてもまだ声続いてた。かっきー、歌も演技も素晴らしかったです。ただ、歌に関しては私はやはりアッキーじゃないとダメです。まあ、これは贔屓なんで仕方ないっす。許して!(笑)

 

カテコ

3日マチネ
  • アッキーと和樹マン、最後はアッキーが和樹マンに飛びつくみたいな感じで胸に飛び込んでしっかりとハグ。そして、アッキーが和樹マンの耳元にコショコショ、和樹マンもアッキーにコショコショ。お互いに耳打ちし合って、ん?何かしてくれるのかな??と思ったら、そのまま二人でハケてった。何囁き合ってたんだよ〜?!内緒話の中味が気になる〜!(笑)

 

3日ソワレ
  • スペシャルバージョンだったのでアッキービクター、こにたん怪物、かっきージャックの3人でセンター譲り合ってワチャワチャ。結局アッキーがセンターに落ち着くんだけど、3人でハグと見せかけてアッキーとこにたん目配せしてかっきーを両方からサンドイッチ!かっきービックリしてた。(笑)3人とも可愛かった〜!!

 

  • 最後はかっきージャックのステッキにアッキービクターがまたがるんだけど、こにたんのスペースを空けようとコートの裾を必死でまくりあげてて可愛かったー。で、こにたん怪物もその後ろにまたがるんだけど、狭すぎてズリ落ちる。再度チャレンジするも、やっぱりダメでズッコケル。結局こにたんがステッキの端っこ持って3人で仲良くハケていきました。(笑)

 

4日マチネ
  • ごめんなさい。この日は全く覚えてません。基本アッキーしか興味ないんで、、すんません!ただ、柿澤くんのカテコでの立ち居振る舞いはとっても爽やかな印象を受けました。立派な主演さんでした。公演始まる前は事務所さんに対して色々毒吐いてごめんね。ここで謝っとく。(笑)


   

以上、おしまい。




今までのフランケン観劇メモ。↓

xamanojacux.hatenablog.com
xamanojacux.hatenablog.com
xamanojacux.hatenablog.com

*1:実年齢も難波拓臣くんよりも上らしい

*2:たぶん平泉成さん